地震保険の人気比較ランキング

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較!

地震から我が家を守ろう!

地震ははいつ何時訪れるかわからないので不安なものです。そんな時は、備えあれば憂いなし。地震保険を検討しておきましょう。地震保険とは、損害保険のひとつで、地震、津波、噴火による災害で発生した損失を補償する保険です。確率的にも危険性が高いため、通常の火災保険の対象外となっています。当サイトでは人気の地震保険を比較しています。どれに入ろうか迷った時は是非ご参考にして下さいね!

地震保険の問題点

地震保険の問題点

◆加入率の伸び悩み
自然災害の多い日本では、比較的、災害の怖さが認知されていますが、他の保険に比べると加入率は伸び悩んでいます。
万が一の備えとして重要な保険のひとつだという認識はあるのですが、優先度を考えると、どうも後回しになってしまうようです。

その理由にひとつには、火災保険とセットでなければ加入できないことがあげられます。
しかも、セット加入であるのに、地震によって火災が起きた時には、火災保険金を受け取ることはできません。
どちらかなのです。
実際に、火災が地震を原因にして発生したのかそうでないのかの線引きは難しく、裁判に発展することもあります。
たとえば、阪神大震災では、最初の揺れから半日たった夕方からも、火災が発生しています。
保険会社としては、これを、地震が原因による火災だと主張し、火災保険には加入していたものの、地震保険には加入していなかった(特約を付けていなかった)被災者は、敗訴しました。

加入率を上げるためには、この線引きをはっきりさせることと、別々の加入を可能にすることが必要になってきます。
また、火災保険と地震保険の契約を別の保険会社でも可能にするべきなのでしょう。

◆地震被災者のための生活再建費用保険

地震保険の補償金は、建物の時価額の30〜50%を限度としています。
よく考えれば、壊れた時の建物は中古なので、それの50%というと、とてもじゃないけれど再建費用とはなりません。
しかも、壊れた建物にローンが残っている場合などでは、被害額は倍増します。

阪神・淡路大震災の時の事例ですが、住宅の損壊により住宅ローンが残っているのに、損壊した住宅の建替え費用のために新たに銀行から借入れをするなどして、およそ1万5,000人もの2重ローン債務者が生まれたと言われています。
実際に必要な資金は、地震保険だけでは足りません。生活再建費用として、十分な補償を考えなければならないのです。

◆保険料の取りすぎ問題

生命保険同様、損害保険会社でも、保険料を契約者等から過剰に取り過ぎていた問題が発覚しています。
当初は、主契約である火災保険のみの問題と見られていました。
たとえば、一般的な高層の木造住宅よりも耐火性にすぐれている2×4住宅の保険料が割引されていなかったということが分かりやすい例でした。
その後の調査により、実は、火災保険とセット販売されていた地震保険についても保険料の取り過ぎ行為があったことが分かっています。

取りすぎの原因は、保険商品の複雑化が背景にあります。
ほとんどが、「本来、割引対象になるのに適用されていない」か「実際の価値よりも高く設定されている」のが理由です。
取りすぎ問題が事件になってから、保険会社では取り過ぎた保険料を契約者に順次返還しているそうですが、契約するときの内容も、常に適正な内容に修正しておいてほしいです。


Copyright ©  地震保険の人気比較ランキング All Rights Reserved.