地震保険の人気比較ランキング

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較!

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較! > 火災保険の補償内容
火災保険の補償内容

■火災保険の補償内容

一般的な火災保険では、基本の補償範囲は
・火災
・落雷
・破裂・爆発 などです。

商品によって補償の範囲はさまざまです。
たとえば、水災補償については、基本契約に含まれている商品も多いのですが、
高台に立っていたり、そもそも平地で降水量が少ない地域であったりと、立地条件によっては、必要のない場合もあります。
そういった場合に、特約として自分で選択できる商品を選ぶか、任意で取り外せるものを選んだほうがよいでしょう。
自動車保険と同じく、その家ごとに、また人によって必要とされる補償が違うので、かなり多くの選択肢が用意されています。
リスク分散型とされるものは、基本補償を最低限に、ほとんどの補償を組み合わせるようになっています。
ですから余計に、保険金の比較はしづらいのですが、予算に沿った保険が欲しい現代にとっては有難いシステムですね。

補償の中で分かりにくい項目を説明しておきます。

<風災>
強風を原因とする災害です。
台風により、屋根が吹き飛ばされた、強風で窓が割れた、瓦が飛んだ、カーポートの倒壊…などが対象となります。
竜巻が対象になるかならないかは、保険会社によって見解がわかれます。

<ひょう災>
雹(ひょう)とは、積乱雲から降る直径5mm以上の氷の粒のことです。
ひょうが窓ガラスや瓦にあたり割れた場合などに対象となります。

<雪災>
豪雪、雪崩による被害が対象です。
豪雪で屋根が落ちたとか、建物が壊れたりした場合、
雪の重みで建物や、付属物(雨どいやカーポートなど)が破損した場合に対象となります。

<爆発>
爆発事故による損害が対象となります。
たとえば、隣の家のプロパンガスが爆発して建物が一部損壊した…などが対象となります。

<落雷>
落雷による衝撃損害、電気機器への波及による破損被害が対象となります。

<建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊>

<騒じょう(騒擾)>
群集や集団による事件などが起きて、社会の秩序を乱されることです。
暴動とはいかないまでも治安維持上、重大な事態と認められる状態です。
ある一定以上の規模の集団によって、著しく平穏が害された場合、被害を生じた場合に補償の対象となります。

<水災>
洪水・高潮・集中豪雨などによる土砂崩れが原因で、住宅が流出、倒壊、床上浸水などの被害を受けたばあい、被害を受ける可能性がある場合に補償の対象となります。

<水漏れ>
基本的には建物内部の設備の不具合などによって起こる損害が対象となります。
たとえば、マンションの上の部屋の住人の過失による水濡れ、給排水設備の事故による水濡れ損害などです。

<物体の落下・飛来・衝突>
たとえば、投石で玄関のガラスが割られた場合、他人が所有・運転する自動車が家に衝突した場合などに補償の対象となります。
加害者が分からないことの多い被害内容です。

<持ち出し家財の損害>
旅行や買い物など、一時的に持ち出された家財が日本国内の建物内で破損したときに補償の対象となります。

Copyright ©  地震保険の人気比較ランキング All Rights Reserved.