地震保険の人気比較ランキング

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較!

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較! > 火災保険の評価
火災保険の評価

■火災保険の評価

保険金額(支払い金額)は、対象となる建物の評価額によって決められます。
ですから、同じ立地条件、規模の住宅でも、築年数によって保険料は異なり、原則として建物の評価額が補償の上限となります。
一般的に、建物の評価額は、年数がたつごとに下がっていくので、保険料も下がるはずなのですが、長年契約を維持しいて、更新の時も見直さないままにしておくと、
建物価値にたいして、高額なかけ率で保険金を支払っている可能性があります。
しかも、実際に被害にあったとして、保険金支払いの段になったときには、その時の建物の時価額が支払い対象となります。
つまり、全損したとしても満額支払われないかもしれないということです。

自動車保険では、耐用年数で金額が下がっていくのは常識なので、しっかりチェックされますが、火災保険では見逃されるケースもあるらしいので、損しないように注意しておきましょう。

◆再調達価格(新価)
生活を立て直すのに、建て直しに必要な保険金が出る再調達価格(新価)によって契約します。
建直しに必要な材料価値や環境状況などを考慮した上で1�uあたりの単価を導き出し、床面積にかけて算出します。

新築費単価 × 地区別指数 = 地区別新築単価 
※基礎が使える場合(再建しない場合)には、その分割引されます。(100%−減算率)

 ↓

地区別新築単価 × 述床面積(�u) = 新築費

 ↓

新築費 + 建築付属設備の実額加算 = 再調達価格(新価) 
※建築付属設備の実額加算は、実態により調査されます。 


◆時価
経過年数によって建物の評価額がさがっているため、年々保険料が安くなります。
再調達価格をベースに耐用年数・利用残年数などを利用して算出します。

再調達価格(新価) × (100%−経年減価率 × 経過年数) = 時価


◆家財の評価
家財保険の評価は、世帯主の年齢と家族構成で決まります。
世帯主となれるのは18歳以上で、実態調査によって保険金額の増減があります。
しなければなりません

Copyright ©  地震保険の人気比較ランキング All Rights Reserved.