地震保険の人気比較ランキング

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較!

地震保険・火災保険で人気の保険会社比較! > 地震保険の等地
地震保険の等地

■地震保険の等地

地震保険の保険料率は、「損害保険料率算定会」が過去約500年間の地震被害から算出したものです。
地域によって、地震の危険性には差があります。
現在の地震保険では、地域によって危険性に差をつけ、保険料を変えています。

最近の区分は、2006年度の見直しによって決められたもので、都道府県県単位で、1等地〜4等地の4つの階級に分けられています。
保険料は、過去に被害の多かった都道府県ほど高くなるように設定されており、最高階級の4等地には、東京都、神奈川県、静岡県が入っています。

<1等地>
北海道、福島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、福岡県、佐賀県、鹿児島県、沖縄県

<2等地>
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、山梨県、鳥取県、愛媛県、徳島県、高知県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県

<3等地>
埼玉県、千葉県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

<4等地>
東京都、神奈川県、静岡県


ただし、県境などで起こりうる事例として、地質的にはまったく同質の地盤の上に建つ家屋でも、都道府県が違うがために、保険料に差がでてきます。
特に、4等地の静岡県に隣接する山梨県は、2段階下の2等級で、地域によっては実際のリスクと保険料がかけ離れていることもあります。
これも、加入が進まない理由のひとつだとされています。

Copyright ©  地震保険の人気比較ランキング All Rights Reserved.